小学生を無修正で見ました。



[TOPへ戻る]

記事詳細

中学生エッチ 勝手にハメ撮りでもしようと考えてます。


管理者用ページ
管理者へ問い合わせ    ALINK by UIC

どちらかというと背が高いほうが好きでした。
アナルを触られたり、他にも色々とされました。
密かに試みましたが、全て徒労に終わってしまったのです。
いつも家に帰ると、すぐにエッチできる相手を探しました。
いきなり全裸になったとしても驚きませんでした。
素人に好意を持っていたのかもしれません。
そして、マンスジに手を出してしまったのです。
いよいよ自撮りしようとしています。
もじもじしながら上目遣いで見つめてくるのです。
明日、来てと言い残して、逃げるように帰ってしまいました。
ちょっとグロでしたが試しにスジマンを舐めてみました。
とても色っぽいTバックをはいていたのです。
強風で前側が大き反り上がり、全開になってしまったのです。
これで、何らかの変化が生活に現れるはずです。
悲鳴と同時にまくれたスカートを急いで押さえてました。
3Pすることに迷う隙を与えないため素早く下着を脱がしました。
sexしたことで、否定しようのない快感が生まれました。
胸の谷間に顔をうずめたい衝動に駆られました。
巨乳でなければ、もう満足出来なくなっていたのです。
気分を変えようってことで隣の部屋に行きました。
Tバックを履いていたから、好きになったのかもしれません。
援交しているのをまるで見せびらかしてるようでした。
イラマチオしていたら精子を搾り取られる感じがしたのです。
ノーパンで出歩くなんて、本当に浅はかなことをしました。
エロいことしたくなったけれど、必死に我慢しました。
ただ揉んでいるうちに一時間が経っていました。
下着がきつめで、大陰唇がはみ出しそうなくらい食い込んでました。
誰に言うわけでもなく、独り言を呟きながら服を脱ぎました。
体に貼りついていたため、片手だけで直し終わるのに時間がかかりました。
それくらいでうろたえてしまったことが悔しいのです。
失禁してしまったせいで会えなくなりました。
巨乳を触ることが大切だったのです。
中出しが出来る機会がありました。
まじまじと手に取る様を誰かに見られた気がしたのです。
まだ始まっていないのに、すでに裸になってました。
肛門を舐められて押し寄せてくる快感に抗うことはできませんでした。
やや後ろめたい気持ちで、お風呂に入りました。
その間のシーンは当然、記録されてしまったのです。
揺れる水面から顔を出したのです。
そして、レイプすることが生きがいになってました。
お尻を舐めてあげたら、すっきりするかもしれないです。
一体どれほど浸かっていたのか、体は赤みをおびていました。
徹底的に輪姦して、服従させる気なのです。
この状況を理解するまでにかなり時間を要してしまいました。
ふいに目を開けたような気がして、慌てて目線を外しました。
そして、さり気なく触ろうとしたのです。
近親相姦したことを知られて狼狽えていました。
その目は興味津々と言った感じです。
下腹部に刺激を受けて、おしっこを漏らしてしまったことがあります。
そんなに急かさなくても、ちゃんとしてあげるつもりです。
体育座りをしているのに気付くのに少し時間がかかりました。
快感に浸る暇もなく、またすぐsexしました。
もうする準備は出来てるみたいでした。
ずっと体を舐めるように見ていたのです。
つまり、乱交したことで関係が深まりました。
突然のことで、言葉が出てこなかったのです。
一番見られたくないワレメをしっかり晒されてしまいました。
要するに今のままだと出来ないのです。
そもそも、援交することも出来ませんでした。
興奮はしていないものの、動揺はしてました。
シックスナインするために、ベッドにうつぶせにさせました。
何かなと思って、手に取ってしまったのです。
たまたま向こうがしゃがんだから見えてしまっただけです。
即座に否定しましたが、疑いが晴れるには時間がかかりそうです。
流出することは、もはや当然の運命でした。
悲鳴を上げて、逃げ出してしまいました。
とりとめのない思いが頭の中を駆け巡ったのです。
水着になったのを見て憧れてしまったのです。
アナルに入れられたら、耐え難い痛みが走りました。
白いパンティーを頭に被ったり、匂いを嗅いだりしてみました。
割れ目を舐められることが多くなってきました。
体も拭かずに脱衣所から飛び出して行ったのです。
また、援交が出来なければ意味はないでしょう。
頭を抱えたくなる事がたくさんありました。
まんこを舐めて適度に刺激する必要があったのです。
流出させたと思われても仕方ないのです。
突然、手に柔らかい何かを握らされました。
頭を上げて、こっそりとあたりを窺うように見渡しました。
これから、中出しすると思ったら股間に疼きを感じたのです。
手の中にあるものを力一杯、投げ捨てました。
いたって真剣な表情でボタンを外してました。
幼い顔をしていて、年齢はわかりませんが本番をしたのです。
下着が、少し透けて見えてしまうような服を着てました。
一週間もすれば流出したことが分かるでしょう。
人肌の温もりと、とても良い香りが伝わってきました。
写真が撮れるかもという淡い期待はもろくも崩されました。
そのうち、個人撮影するだけでも感じられるようになりました。
ふと目に入った、Eカップにむらっとすることがあります。
パイズリしてあげたら透明な汁が溢れ出てきてました。
その先の行為なんて出来るわけないのです。
我慢できずオシッコを漏らしてしまい、黄色い染みが出来ました。
モザイク無しを見る度に、良い気分になったのです。
隠し撮りされたことを知って顔から火が出るほど恥ずかしかったのです。
前々から、そういう趣味があったのです。
こんな状況でも寝てしまうほど疲れてました。
毛布を頭まで被り、照れた顔を隠してました。
口内発射された体験は、とても刺激的でした。
しかし、寝ている間に何をされるかわかりません。
巨乳を揉んだら、性欲が戻ったみたいです。
胸ポチを見て色気を感じたのです。
お互いに浮かれていたせいで開放的になってました。
ノーブラだったせいか、大きく胸が揺れてました。
以前はものすごく積極的に、口内射精させてくれました。
まだ、Fカップだけど、もっと大きくなるでしょう。
もしかして、個人撮影されているかもと不安になりました。
男女の関係になるまで、そう時間はかからなかったのです。
付き合い始めてもう2年も経ってました。
モザ無しを見ていたことに驚きました。
今夜、初体験すると決めたのです。
バイブを入れられて尋常な心境ではいられなかったのです。
そろそろ、別の刺激が欲しくなっていました。
柔らかくて温かい体を密着させてきました。
思い切って、モザイク無しを見ているか聞いてみました。
いけない関係を持つことに後ろめたさを感じたのです。
電マをあてられて性欲が蘇ったのです。
乳輪の大きさは、小さくもなく大きいわけでもなく、ちょうど良かったのです。
空気を読まずに部屋に入ってきたのです。
いつの日からDVDを見るようになったのです。
なかなか可愛い顔しているうえsexする時は大胆になります。
もちろん振りだけで実際にするわけではありません。
盗撮をする機会はありましたが、それだけは出来なかったのです。
生挿入されながら、背中に爪を立てました。
完璧すぎるほどの美人だったのです。
おまんこを舐められて、自分でも情けないほど感じてしまいました。
少し興奮気味に囁いてきました。
モザイク無しを見て気持ちが高揚したのです。
間違いなく、マンスジを触られたのです。
潮吹きしている間は、とても静かでした。
クリを舐められているうちに、自然と体が反応しました。
まさか見えているなんて思ってもいない、とても輝かしい笑顔でした。
DVDを見ているうちに快感が全身に広がっていくのです。
ワンピースの間から、ちらりとのぞく白い色が何ともいえません。
何事も無かったかのように寝転がってました。
マンコを舐められるたびに敏感に反応してしまうのです。
モロ見えにしたことを思い出しては、頬が緩みました。
何とも言えない妙な気持ちになりました。
もう突っ込む気にもなれなかったのです。
当時、なかなか1人で履けなかったのに、その時は普通に履くことができました。
乳首を手で撫で回していたら、濡れてきました。
足の形が抜群で膝と足首がまっすぐ伸びていました。
巨乳を揉んでいるうちに気持ちが良くなってしまったのです。
夏になると生脚で来てくれるのが嬉しかったのです。
着替えているのを見て、あらためて豊満な体だと思いました。
流出させることに快感を覚えてしまったのです。
今は何も考えずにタテスジを見ることに集中するしかありません。
しゃがんだ時に、スカートがふわっと浮き上がったのです。
さすがに行為の最中に入って来たことはありません。
生ハメする前に改めて全身を眺めたのです。
パンツを見せつけるように足を立てながら座っていたのです。
この機会を逃すまいと丸見えにしたのです。
夢中になって、ハメ撮りしてました。
正面から三角地帯がくっきり見えました。
食い込みを見て久しぶりに性欲が湧いてきたのです。
もしかしたら、バイブを入れて体を弄びたかったのかもしれません。
こんなに上手くクリトリスを舐められるとは、思ってもいませんでした。
何事もなく終わってくれればいいなと思っていました。
そして、アダルトを見て再び欲情したました。
いつものスタイルで正面を向いて床に落ちている本を広いました。
ハメ撮りすることに魅力を感じていたのです。
しゃがみ込んだため、股間の中心部が見えたのです。
顔射されて目が全く見えなくなったのです。
美人すぎるゆえに他人を人とも思わないところがありました。
もしかしたら、夢中で気付かなかっただけかもしれません。
過去に処女喪失したことを正直に話しました。
オメコを触るために、手が奥へと入り込んできました。
モロ見えにしたい気持ちになったのです。
ワレメが見えている間は大人しくしていました。
今は、ゆっくり落ち着いて過ごしたいだけでした。
おっぱいを揉むのが特に気持ちいいのです。
綺麗な生脚が清楚な色気をかもし出していました。
ちょっとした仕草でエロいと感じてしまいます。
無言のまま中出しを続けていました。
ごく稀に街で遭遇することはあってもなかなか見る機会はありません。
家が割と近くで幼馴染みと呼ばれる仲でした。
モザイク無しを見ている時に興奮を感じることがあります。
援助交際したさに何時間も歩きまわりました。
ちょうどパンツを見ていたところです。
そして夏休みに恋人という関係になったのです。
軽く拒むかもしれないけど、絶対にローターを挿入します。
パイパンを見れるありがたさを噛み締めました。
階段をあがり、部屋に入っていきました。
その近さの甲斐あって、二人で過ごす時間も長くなりました。
クンニが出来ないと耐えられないのです。
後ちょっというところで、まんこを見られたのに残念です。
薄い水色のワンピースを着て、階段を降りてきました。
今まで、玄関から先へ入ったことはなかったのです。
美尻を隈なく舐められのです。
自画撮りするために特別な姿勢になったのです。
ハメ撮りするのは、危険だと感じたのです。
風が吹いてきて、そのたびにミニスカートがめくれあがりました。
大きく乳房をゆらしながら、抱きついてきたのです。
水色の布が目の前に飛び込んできました。
結局、素人に会うこともなく部屋に戻りました。
顔出ししてくれたことで、その気になってしまったのです。
この幼さの残る表情が可愛らしさを強調しました。
周りの事など忘れて、高画質を見ることに耽ってしまったのです。
これ以上の醜態を晒したくなかったのです。
もし、個人撮影しなければ、こんな状況にならなかったのです。
/(-_-)\